FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

千々。

P3170711_convert_20110322225630.jpg


みんなみんな身の千切れるような、比喩じゃなく本当に身が千切れてしまうような想いを抱えている。
そこに大きいも小さいも強いも弱いもない、そういうことじゃない。
全てをぎゅっぎゅっと身体に押し込んで、蓋をせず、目かっぴらいて生きて行く。
スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)||2011-03-22_22:54|page top

工事現場の金属音がドレミに聞こえる朝。

P2014039_convert_20100208104202.jpg

活気のある雪山はちょっと心が荒みます。東京の方が志賀より寒く感じるのはなぜ。
イマイチどのスイッチを押せばいいのかわからず、日々をさらさら流す。
1.30(土)FUKAIPRODUCE羽衣「あのひとたちのリサイタル」観劇。
時間が過ぎるのがとても惜しく思う。
何時間でも見てられる。桟敷席のお尻じんじんも心地よい。
新作が待ち遠しくてならないよ。

昨夜はピザとビールを買い込み「This is it」を我が家にて鑑賞。
劇場で見てからずっと心待ちにしていたDVD。
新たな発見がいくつもあって、やはり気に入った作品は何度も見るべきだなと痛感。
でもマイケルを好きになればなるほど見返すのが辛くなるのだなーこれ。
一晩寝てもまだ胸がしんしんするよ。




comments(-)|trackback(-)||2010-02-08_10:54|page top

晩夏

P8123326_convert_20090827102232.jpg

最早秋の気配。
夕方からはあまりの過ごしやすさに八月を疑う。
終焉に向かっているこの感じがなんとも。
明後日明々後日と本番。
これが終わったら嫌でも色んな事に区切りがつくのだろう。
夏休みは数年前に終わった。

comments(-)|trackback(-)||2009-08-27_10:59|page top

BOY A

P7101327_convert_20090712170051.jpg



ツタヤ半額の日だったので以前から気になっていた「BOY A」 を鑑賞。

最初のシーンであぁこれはきっと良き映画だわと思ったけど想像以上。
見終わった後もう一度最初から再生したのは久しぶり。
細部に至るまで本当素晴らしい作品だった。
特に主役のアンドリュー・ガーフィールドの演技には心底ぞっとさせられた。
これは新しい名優が現れたなぁと。

あぁ、いちいち言及するのがバカらしいもう。
この感動をうまく伝えられない自分の安っぽいボキャブラリーを呪うよ。

劇場で見たかった。

http://www.boy-a.jp/home.html
comments(-)|trackback(-)||2009-07-31_02:23|page top

やたら喉の灼ける日々

P7121331_convert_20090723002635.jpg

乾涸びたヘチマのようになった体からエネルギーをねじり出そうと、東京都写真美術館に赴く。
タイミング良く世界報道写真展が開催中。毎年なるべく足を運ぶようにしている。
移動中、歯をしっかりと食いしばる準備。
この写真展に行くと、自分の撮っているものなんて本当ゴミだなぁと笑ってしまうよ、ふふん。

同時開催されていた「写真家たちのセンチメンタル・ジャーニー」もひょいと覗く。1970~80年代前半に発表された戦後世代の日本の写真家たちの作品群。
荒木氏の陽子夫人を撮った作品はやっぱり何度見てもあぁ良いなぁと思う。
こういうごくごく個人的な写真の方が好きなんですね。
写真だけに言える事じゃないんだけど。
良く観劇後なんかに「おまえのオナニーなんて見たくねーよ」って罵倒を聞く事があるけど、私は嫌いじゃないです。一概には言えないけど。
にやにやしながらもっとやれーもっとやれと思ってしまう。
というかね、どんなものにも自慰要素はあるだろうとね。
ささ。
早くテーマを確立してガシガシとらねばならんよ。


未だろりえメンバーが夢に出てきてはガチャガチャやってます。
全くみんな可愛いったら。元気にやってるかなぁ。
comments(-)|trackback(-)||2009-07-23_00:45|page top

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。