FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

無題

IMG_9414_Fotor_convert_20140612140242_convert_20140612140839.jpg

なんだかずいぶん長い間静かに怒り続けている気がする


という事に気づいたら
突然体中の毛穴が開いてアドレナリンがトパンっと出て来た

あぶないあぶない
このままお外用笑顔を貼付けたおばあちゃんになる訳にはいかないのだ



スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)||2014-06-12_14:14|page top

メケメケ食堂の。

P8207102_convert_20120911112829.jpg

四月に訪れた、メケメケ食堂。
場所とせっちゃんの人柄に恋をし、絶対またここで朗読させてもらおうとその時思い、念願叶って行って参りました。
いやぁ。夏の長野は本当よい!
空気が澄んでいるせいか、色彩がとても鮮やかに目に飛び込んでくるんです。
空の真っ青さも南アルプスの優しさも食べきれないほどの雲も手塩にかけて育てられた花々も
田んぼの健やかさも笑みの止まない川もおばあちゃんたちの濃淡ある皺も、
全部がエネルギーに満ち満ちていて、こちらの生命力が隅々まで静かに漲るのがわかる。
時間の音がとても静かでゆっくりで、でもとても太いんだよ。
一年くらい住んで一通り四季を眺めてみたいなと思った。
そんな松川町のメケメケ食堂にて。
昼間だけ、Callicarpa vol3.でご一緒したサトウリュースケ氏のステージに出させて頂きました、はい。
氏の歌に、さよなら流星ボートという曲があるのですが、これが銀河鉄道の夜を題材にした作品で。
私は、この銀河の旅の終盤、蠍の話をクライマックスに繋げてお話して参りました。
からふるに引き続き、賢治づくし。
中学生から高校生くらいが来るんじゃないかと思っていたのですが、蓋を開けてみると腕白盛りの小学生!
稽古したものとはだいぶ違うものが出来上がってしまいましたが、まぁ良い経験になったかな。
って言えるのは今だからで、二日間くらい忸怩たる思いでじたばたしていたよ。
そして、夜のライブでの出演陣、
大山克幸氏、中村翔氏、サトウリュースケ&山ピーのライブ。
まーそれはそれはみんなかっこ良くて。
色んな場所で荒波に揉まれて来た(であろう)一匹狼たちの饗宴に、ただもう舌を巻いた。
猛者!mosa!
私なんざまだひよこちゃんにくっついてる蚤の子供程度ざんす。
もう少し人間に近づけるよう再構築です。

出会えた全ての人との時間にありったけの感謝と、愛。

お昼のステージ、リュースケさん。パーカッショニストの礁さんと。
P8197036_convert_20120911125843.jpg

 礁さん。
P8197051_convert_20120911130419.jpg


 リハ中のしょうくん。
P8197049_convert_20120911124503.jpg

 山ピーとサトウリュースケ氏のリハ。と、しょうくん。
P8197071_convert_20120911132243.jpg

 わらわら。
P8197038_convert_20120911130146.jpg

きゅいーん。
P8207125_convert_20120911130016.jpg


 山ぴー。会うと必ずつられて笑顔になってしまいます。本当素敵なギターを弾く。
P8197046_convert_20120911125122.jpg

 大山くん。地元でしょっちゅうお会いする。色っぽいステージだったなぁ。
P8197063_convert_20120911125434.jpg

 よるの。
P8197083_convert_20120911134917.jpg


Theme:旅の写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)||2012-09-18_08:56|page top

まん丸や、箭挿が浦の月の的

P8166919_convert_20120830034830.jpg


今年の夏らしいことを。
17時に仕事をあがり、そのままレンタカーで九十九里浜へびゅん。
都心の夕暮れとネオンを愉しみながら、夜の温い道を走る。
これぞ九十九里!って砂浜に碇泊し、仰山の星を見上げながらぼーっとしていたら。
青く発光した波が視界をかすめる。
ん?!空目かしら、
と思ったのですが。その後もさらに輝きも勢いも増して光る青い波。
なんだこれ、なになになに。
まるで息吹のあるオーロラのようで。
何時間も、どの波にもいちいち歓声をあげ続けた。
満点の星も相俟って、あまりにも幻想的過ぎる体験だったよ。
流れ星もきちんとつむじに降って来た。

青く光る波はホタルイカの群れなのかと思って調べてみたら、その正体は夜光虫だったようで。
何の目的もなく海へ行ったのに、思いがけないプレゼントがついてきて
なんだか色々に、感謝をした。
朝日を拝んで帰郷、そのままお昼からお仕事。

遊ぶ時間なんて、少しばかり本気を出せばひねり出せるものだ。
(この徹夜はのちのち思ったより体に影を落とすのだけれども)
立て直しに膨大な時間がかかるようになる前に、全身リセットのタイミングを逸しないようにせねばな。
って、これがまた難しいのだけど。

夜光虫の動画を拝借。実際目の当たりにした時の感動は、本当とんでもない。
http://www.youtube.com/watch?v=LtFKHX2XhcM


夕日のようだけど、朝日です。

IMG_3901_convert_20120830051244.jpg

IMG_3899_convert_20120830051409.jpg

Theme:旅の写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)||2012-09-03_11:32|page top

メケメケ食堂

IMG_3590_convert_20120701214852.jpg

載せたい写真がすこーしずつ溜まってはいたのに、更新が滞ってしまった。
まとまった時間がないとそんな事もできない。
咳をするとリンゴの香りがする。7月1日。

写真は4月、長野県松川町のメケメケ食堂にて。
吉本ばななの小説に入り込んだような出会い、時間と空間だった。
あんなに密度の濃い時を過ごせるんだ、そう簡単に日常に絶望しちゃいかん。

せっちゃんがタンクトップでニコニコしている頃に、きっとまた会いに行く。






comments(0)|trackback(0)||2012-07-01_22:18|page top

寒さを愛し。

P2044842_convert_20120220125729.jpg                                                 白川郷にて。

やるべき事が多過ぎてオロオロ旋回。
引っ越しと本番が同時期ってのはとんでもなく落ち着かないもんだ。
うっかり一人でカラオケとか行っちゃいそうよ。一晩中ね。
逃避ってのは食べたらきっと人工甘味料の塊のような味がするんだろうなぁ。
それでも、居心地の良い空間で台本読んでいたら少し光を見た気がした。
救いはいつだって突然だ。
どんな小さな事も今は起爆剤にしていかなくっちゃ。

するすると過去になっていく時間達になるべく強靭な意味を。

次回出演予定
2012/03/06(火) ~ 2012/03/11(日)
からふる♯001「夜のしじま」
http://karafuru.blog.shinobi.jp/
comments(0)|trackback(0)||2012-02-20_13:15|page top

ブログ内検索