FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

自分の感受性くらい

加工ずみ本屋_convert_20140305152420


3月。
毎年懲りずに絶望病を発症する2月を抜け出せてほっと一安心。
音楽を聞きに行き映画を観て本をゆっくり読み友人とパカパカ飲んで。
よーやっと修復されたようだ。

春の入り口が見えたら茨木のり子さんの詩がふっと浮かんできた。しみるぜ。


自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ
スポンサーサイト



Theme:ある日の風景や景色
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|風景|2014-03-05_17:43|page top

寺山への挑戦は続く。

P6036575_convert_20130221151517.jpg

アップするのがものすんごい遅くなってしまった。
大変遅ればせながら。
5月1日リエゾンカフェ企画「寺山修司の挑戦に乗ってみよう」にご来場の皆様、誠にありがとうございました。
三十路を迎えて一発目のステージが、寺山没後30年企画でかもめを演れた事、つくづく幸せだわぁと感謝の気持で一杯です。
リエゾンカフェさまありがとうございました。
三十代がどんな年になるか暗示しているようだよ!まるで!
そして大変喜ばしいことに、「かもめDVD出さないんですか?」
と何件かお問い合わせ頂きました、もうこれ作るしかない作らないわけにはいかない。
絶対に素敵な作品に仕上げてみせます。面白い案が沢山あるのだ。
舞台上じゃ出来ない事を沢山盛り込もう。
映画好きの血が騒ぐね。とっぷん。

そしてこの日、急遽出てくれたアカリノート氏には心からの賞賛を送りたい!
まぁとんでもなく素晴らしいライブをやってのけ、お客さんのハートをがっちり鷲掴みにしてました。
アカリ氏はまだ数回しか会った事ないのですが、もはやルームシェア数年してたっけか?くらい肩の力入れずに話が出来るお人です。
ここまで相手に疲れを感じさせないような方も珍しい。
その能力あたしも欲しい。
当日、「かもめが翔んだ日やってほしいなあ・・」との無茶なリクエストにもごりんと応えてくれて、会場の空気を完全にご自分のものにしてました。
王様だったね。君臨してたね。
骨核に沁みいる声に、温かい楽曲。
心が重度の冷え症な時でもいっぺんで治ります。
凄く稀少なハチミツとたっぷりのブランデーを混ぜた生姜飴みたいです。
ビールがふがふ飲みながら、大事になめる。
えらい数のステージやってらっしゃるので、是非皆様一度足を運んでみて下さいな。
ライブが終わる頃には、大好きになってると思うよ。
そして次の日心の体調がとても良くなってるはずです、えぇ。

皆々様のお陰で奇跡のような夜になりました。
こんな夜ばかりにしたいよ。
奇跡の数珠繋ぎ。
「たまーに起きるから奇跡なんだよ?」
とか正論ぶつけてくる奴は膝の裏蹴っ飛ばします。

さて、次は5月25日(土)
QooSue presents【CalliCarpa vol.6】です!

なんやかや6回目なんだなー。
ここ最近かもめが続きましたが、次回は新作!
「夏の吐息」という作品を上演致します。
これは、「かもめ」への挑戦かもしれない。
どちらも女は待つんだよ。
少女はかもめになってしまったけど、さて。
かもめをご覧になった方はそんな事を頭の片隅に置いて観て下さると、ちょっと面白いかも。

そして今回のカリカーパ、出演陣がまたとんでもないです。
早速夢にみてしまったよ。
詳細はまた追って。

一年で、一等好きな五月。
気持が良すぎて毎日がもったいない。
ショートケーキを少しずつ食べるように、日々を頂く。



ビール卿・アカリノート氏 HPはこちら→ http://akarinote.net/index.php

fc2blog_20130510111955c5f.jpg

Theme:季節の風景
Genre:写真

comments(3)|trackback(0)|風景|2013-05-10_11:09|page top

お口が気持ち良いことしかしたくない。

P8112704_convert_20120806114714.jpg

銀河鉄道の夜にご来場の皆様、そして引き続き朗読、QooSueライブと観てくださった方々、本当にありがとうございました。
今回は(いや、例のごとく)稽古中負のスパイラルにはまり、朗読の時間になったらお客さん一人も残ってないんじゃないかしら、
こんな出来じゃ銀河鉄道の夜の後味をぶち壊しだよ!って歩さんに鉄パイプもって追っかけられたらどうしましょう、
などなど恐ろしい想像オンパレードが一通り脳内で行われましたが、終演後は色んな方々にお声かけて頂き、嬉しい感想を沢山頂きました。
全部名前を付けて丁寧に保存しております。
本編の銀河鉄道も劇場入ったらぐんっとよくなって、随所にキラッとした粒が沢山落ちていたなー。
一歩絵空箱に足を踏み入れてから、こちらの胸をわくわくさせるこだわりが統一感をもって流れていて、あぁ良い公演だな、と感じました。
こちらはゲネ撮影をさせて頂いたので、許可がおりたらこちらのブログにも載っけさせて頂こうかなと思う。

わたしは土日夜限定で、宮沢賢治「四又の百合」を、毎度おなじみQooSue那須寛史氏のギターに乗せてお話し。
「しょうへんち」を待って胸を高鳴らせる、街の人々や王様、大臣、子供の様子が描かれた掌編です。
宮沢賢治の作品をやるのは初めてだったのですが、描かれた情景が本当に美しくて、読めば読むほど愛着が湧いていきました。
口の中で転がしていて気持ちいい言葉が沢山散りばめられているんです。
瑠璃の花 
瑪瑙で飾られた王座 
玻璃の微塵のよう 
紺色の蓮華の花びらのような瞳

この快感をもっと色んな人が知ってくれたらよいなーと思い。
そのうち、WSなんぞ開けるようになろうと昨日決めました、はい。
まだまだ精進せねば。
お酒をとろとろ飲みながら眼を瞑ってだらり聞き流していても耳心地がよく(うっかり寝ちゃってもよくて)、はたまた前のめりに自分の想像力を駆使して聴いたらとんでもない世界がぶわっと脳内で観れちゃったり、そんなステージをね、創りたいんですね。
観に来た人が、それぞれの楽しみ方が出来るように。
余白を大事に大事に。


きちんと耳を傾けて下さった皆々様、温かく見守ってくれた銀河鉄道キャストのみんな、雰囲気作りを手助けしてくれた照明のちーさん、頼もしくて抜け感が絶妙な舞監の吉川さん、素晴らしく居心地の良い絵空箱さん、みんなの癒しと心の拠り所ともことなっつ、そして何よりこの場を作ってくれたからふる主催の歩さんに心より感謝です。
次は多少婦人の稽古。
の前に長野で朗読。
息切れなんてせんのだぞ。
ちょっとしてるけど。いやだいぶ。夏がゆっくり燃え尽きていく音に、しんと耳を澄ませる


追記。
「四又の百合」でお気に入りの一文。
“日が真っ白に照って家が半分明るく、まるで夢のように見えました。”
なんだか、記憶の底を揺り動かされて、少し泣きそうになります。
一人で旅行していて誰もいない島でこういう情景に出会うと、なんだか言いようのない幸福感とちょっとした寂寥感で胸がいっぱいになるよ。



P8112727_convert_20120808160903.jpg

comments(0)|trackback(0)|風景|2012-08-08_16:27|page top

それでも。

   IMG_2506_convert_20120123153639.jpg

スーパーに行く事を想像してほんの少し気持ちが上向く事だってある。
きちんとお化粧をして29円のお豆腐を買いにいこう。

食堂かたつむりを観て、倫子の強いまなざしに憧れた。
今はそういう事が大事。

古い病室の匂いが鼻をかすめた。

もくようびのようなげつようび。
comments(0)|trackback(0)|風景|2012-01-23_15:43|page top

駆ける駆ける。

RIMG0028_convert_20111101174331.jpg

20日に開催されました、QooSue presents『CalliCarpa -Vol.2-』多くのお客様にご来場頂き誠にありがとうございました。とても真摯な感想や差し入れ、心より感謝です。
生かされてるなぁ・・本当に。深く嘆息。
個人的には課題も反省も山のようにありますが、毎回ブラッシュアップして力つけていくしかないです。
役者やっている時とこんなにも違う筋肉を使うんだなぁと、しみじみ。
次回の朗読は、12月1日(木)『CalliCarpa -Vol.3-』にて。場所も同じ下北沢「COLOERED JAM」でございます。
寺山修司氏の短編です!
いやぁ!
彼の作品は、読んでていつも太ももぷるっぷるしちゃいます。
紡ぐ言葉が一つ一つ、凄い色彩を持って体に染み込んでいくんですね。
ずっとやりたかったので嬉しいなぁ。武者震い。
濃厚な時間を流せるよう、頑張ります。無難なラインに落ち着かないようきちんとはみ出そう。
詳細はまた追って告知させて頂きます。
12月は他にもかしわ演劇祭で15分の芝居、22日と23日には女の子だけのユニット、大和夢組でのバー公演と盛りだくさん。
背伸びしよう。
詰まった血豆をつくる。

comments(0)|trackback(0)|風景|2011-11-04_16:30|page top

ブログ内検索