FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

逃げ場0.000000000001

昨夜は稽古帰りに共演者のたくまとお好み焼きを食べに行く。
最近ずっと食べたかったのでナイスタイミング。
彼と腰落ち着かせて話すのは何年ぶりだってくらい久々で。
お互い色々変わっていたけれど、以前より話が合うようになった気がする。喜ばしい事。
今回彼が居なかったらとっくに胃から血吹き出していたことでしょう。
ちゃんと人間臭くて稽古後話すとホッとする。

しかし世の中には本当、「こいつほんっっっとに性格悪いなぁ」って奴がいるもんですね。久々に会った。初対面から何か違和感があったけど予感的中。あの勘を信じてあげれば良かった。
嫌いだったち苦手だったりする人間でもなんだかんだ良いトコあるし、「悪い奴じゃないんだけどね・・」って注釈がつくもんだ。
うず高く積み重なったストレスでもう本当内臓掻きむしりたくなる毎日です。
そのせいか知らんが顔面チックが再発、演技に集中しようとすればするほど出てきやがる。
くっそーーー。
まぁ色々割り切るしか本当道は無いです。
心がしなびて来ちゃうよ。

忍耐力ですね。まさに。
ね、にーなちゃん。

スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|日記|2008-01-22_12:14|page top

ぼるべーーーる。

「ようやく仲良くなったと思う頃に、別れは訪れるものなのよ」

んー。逆じゃないのー。

もうすぐお別れだと思うから仲良くなれるんじゃないの。

なーんてひねくれ発想。

新年始まってから心底うんざりする事ばかりで全然眠れず。
心穏やかに床につきたいです本当。

それでも昨夜は雪がちらつきました。
明け方粉砂糖をまぶした様な芝生を拝めて、少しだけ気持ちがほっこりする。
雪はどうして、あれほど絶妙な緊張感を空気に張り巡らせる事が出来るんだろう。
深呼吸すると、体の毒素が細胞の一つ一つから放出され血がサラサラになってく気がする。
日光に帰りたい。
動物の足跡しか残っていない雪道をざくりざくり歩きたい。
息をするのも痛い程の寒さの中、皮膚感覚のなくなるまで中禅寺湖を眺めてたい。
雪の息づかいしか聞こえない駐車場、車の中寝袋にくるまり凍えながら微睡みたい。

一刻も早く北上したい。
最後に一人旅したのはいつだったか。
そういえば随分たつ気がする。去年はイベント目白押しでそれどころじゃなかったものな。
もうそろそろ限界だわ。

comments(0)|trackback(0)|日記|2008-01-17_14:54|page top

もれごと。

P7221527_convert_20090902202721.jpg

鍋をやってて思う事。
取らねばならないとされているアク。
あれ、美味しそう。
取っちゃうのもったいない。
って思うのは私だけか?
カプチーノのアワアワみたいなさ。優しいじゃないなんか。
灰汁。
漢字にすると体に入れちゃいかんもんなんだなぁって思うけど。


今日は久々に一日何もない。何ヶ月ぶりだ。
稽古休みがこんなに嬉しいと、何で芝居やってるのかわからなくなる。
前はこんなんじゃ無かった筈なのに。
好きな事やってるつもりでいたんだけどな。
新年から色々な疑問が私の中で頭をもたげ始めている。
今年はもう25才。わー。
こっから30までが勝負。な気がしてきた。

今一度心身まっさらになって考えなければいけない。



comments(9)|trackback(0)|いきもの|2008-01-15_12:38|page top

今更忘年、未練タラタラ。

寒中見舞い申し上げます%82%CB%82%B8%82%DD


新年初日記。
30日に8millions clubの千秋楽を迎え。そのまま朝まで打ち上げ。
連日続いたハードな飲み会での疲弊と、本番終えてみんな力が抜けたせいだろうか。
非常にまったりした飲み会となった。
3時頃、山翔さんが大入り袋を一人一人手渡してくれる。
この大入り袋配る時ってのは、色んな事を思い出して大抵ほろほろ泣いてしまう。
今回は本当勉強になった。
のぐっちゃんと小野さんは稽古後時間を割いて色んなアドバイスをくれて。
こんな面倒見の良い人達と芝居したのは初めてかも知れない。ものっっすごい感謝。
人に恵まれていたと思う今回。ちょっと一人ずつ回顧。

青木さん。 
真面目で真っ直ぐで、とても人当たりの良いお兄ちゃん。めっちゃ芝居上手なのに役者ぶってないとこがすてき。不器用さと器用さの内在の仕方が人間臭くて面白いなーなんて。

伊藤ちゃん。 
やたらドライかと思えば極端な寂しがりぃ。こういう矛盾に満ちあふれてる人好き。飲み会の時だけ仲良くしてくれたなぁ・・笑。なんとなく似ている部分が多いと私は勝手に思ってる。

岡野君。
 天才。両親が常に絶賛している青年。彼は小屋入り中、私の精神安定剤だったりする。伊藤ちゃんとどっちが岡野君愛してるかで言い合いしたっけなぁ。彼を愛さない人は今の所見た事無い。

小野さん。 
人見知りの私に、全然居心地の悪さを与えなかった希有な人。駆け込み寺的な存在だった気がする ・・笑。演劇観が全然違うので非常に刺激になった。ありがとう。彼の飲みの誘いは断れません。

けんちゃん。
もー。この子は(って一個年上だけど)本当すんげぇ。これで初舞台って、よーやったよ。
頭のネジのぶっ飛び具合がハンパない。笑かしてもらったなー。茨城帰るなよぉぉぉ。

あやや。
 役者で見た時からなんとなくこの子は仲良くなれそうだなー、と思っていた女の子。
彼女の芝居に対する考え方はかなり共感できたなぁ。本公演期待大。

のぐっちゃん。
のぐちゃんにはたくさん感謝。彼は今回のムードメーカー的存在だったんじゃないかしら。芝居に関してはとっても的確な事を言うし、飲み会では王様だったし。本当にフードファイターなっちゃうのかなぁ~。

やい姉。
とっても良いオンナ!ちょっと飛んでるとこ、抜けてるとこ、しっかりしてるところと、男っぽいとこ、女性らしいとこ全部が絶妙なバランスで、これ男はころっといっちゃうんだろうなぁといつも思ってた。憧れだわぁ。

ムロさん。
この人は土曜マチネで完全にスターになったなぁ。あの落語や岡野君との漫才は楽屋で見ていて胸が熱くなった。芝居やってて良かったーって思っちゃたりした瞬間でした。

山翔さん。
みんなを癒しまくってたな彼は。顔みただけで体の無駄な力が抜けてしまう。なんだろう、あれは。
本当良い人。そして彼の弾くギターはとっても好き。何気にヒットメーカーだったりね。

そして五十嵐さん。
彼の感性は何気に凄く共感出来る部分があったりする。だから今回の参加を決めたのかも知れない。口下手だけれども、一生懸命喋ろうとして出て来た言葉はとても真摯でこちらもちゃんと聞こうって姿勢になる。うん。彼の中で渦巻いているものはとても興味がある。芝居だけじゃなくて、色んな事が楽しみだなぁなんて。

みんなが懐かしくなってエラそうに書いちまったよ。はは。
ようやく8millions納めが出来たかなー。
三日から2月の稽古が始まっているというのにまだきちんとスイッチが切り替わっていない。
台本がほぼないと言っていい前回に対して、今回はガチガチの台本芝居。
しかもA・チェーホフの「かもめ」。
ひゃー。
そして昨日のキャスティングで君はニーナね、と言われる。
もう撃沈ですよ。
世界中のかもめファンの方ごめんなさい。謝っちゃうよこれもう。

まぁようやく役が決まって取りあえず一安心。

あとは邁進するのみですな。だーーーーー。
打倒チェーホフふふふふ。



comments(0)|trackback(0)|日記|2008-01-11_11:23|page top

ブログ内検索