FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

嘆願

あの電飾を外せ。
毎年頭抱えてしまうくらい、二月はどこに逃亡しようか悩むくらい忌み嫌って来た冬だけれども
あの真っ青な空に映える裸になった枝だけは心底愛しているのに。
なんだあのからみついたコード。
ふざけんな。
だいたいどこの誰がイルミネーションみてロマンチックな気分に浸れるのさ。
薄暮、うんにゃ、薄明でもいいや、その時分に二人でフワフワ話してごらんよ。
それが例え網膜の燃えるような夕焼けじゃなくても、そこがさざ波なんて聞こえない、居酒屋の屋上だったとしたも。
あぁなんか別にこのままでもいいなって空気が二人の間に流れていたら
何の数字が好きかってそれだけいくらで喋れるし、なんか一週間はその灯りで行きて行けるから。



夕景1

スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)||2008-12-30_00:40|page top

吐くように涙はせり上がるからさっだからさあぁ

12月22日。
YonchomeCafeにて両親を前に大号泣。
人がいる時に涙腺がぶっ壊れるとは、というか、よりによって両親の前とは。
「何が悲しいの?」って聞かれても全然わからないけど、何で泣いてるかくらいは泥酔していてもわかる。

「泣いたらスッキリするって!!」
・・・そんな事一度でもあったか。
泣けば泣く程次の日もっと悲しい気持ちで目が覚める。
寝れば忘れるって、それは、どういうシステム。よ。

相変わらず高校生の日記。
違うのは、振り返る事の出来る首の筋肉が出来てきましたよって事だけ。
ほんの些細な事。


まぁとにかく、どんなトーンの白も気に喰わないし、
「聖夜」という言葉を何かにかけるのは、いい加減飽きようよ。

yakei.jpg



comments(0)|trackback(0)||2008-12-25_02:09|page top

血だらけの腕は優しく乾くし腫れた扁桃腺も姿を潜めるから。

シンクロめいん
メイン三人。旦那様役の加藤さん、ウサギ男役の小田さんと三鷹の産婦人科にて記念撮影。

シンクロナイズドラブ」、12月14日をもってクランクアップ。
二ヶ月間聞く人が聞いたら笑っちゃうくらいあじゃこじゃ色々あったけど、やっぱり映画の現場は大好きで、役者も辞められないわと再確認出来た作品。
いやぁしかし一つの現場が終わるのは本当寂しいす。
毎度のごとく虚無感症にずっぽり陥る。
メールの返信遅れていてすみません。毎度の事だけど。これだから友達減るんです。頭叩き割りに来て下さい。いえ、滅相も無い、寧ろ伺います。

ま、そんな落ち込みも短期間ですんだみたい。
本日是枝監督「大丈夫であるように~cocco終わり無き旅~」を観に行ってさっさと立ち直った。
タイトルからもわかるようにcoccoのドキュメンタリー映画。
さほど期待してなかったのに、今年映画館で見た中では一位二位を争うくらいの感動を覚えた。
いや、感動したって言葉はもうぜんっっぜん適切じゃないよね。
そんなたったの二文字で簡単に片付けられる話ではない。
あの映画を見てcoccoを知った気になってなんやかんや語るのはとっても嫌だから、感じた事は出来るだけ胸のうちに留めておく事にするけど。
あんな魅力的な女性初めて見た。もう女性とかヒトとかじゃない。
彼女は地球上の誰かがため息をすると死んでしまう妖精のようであり。
鍾乳洞一古株の氷柱のようであり、朝の光で真っ先にとけて行く霜柱のようであり。
もうミュージシャンだとか表現者だとかそんな次元はふわりと飛び越えている赤い長靴を履いた小さな女の子であって、それと同時に強く美しい瞳を持つ人間の男の子の母でもあって。
一見社会性のかなり強い作品なのかなと思ってたら、それだけに収まる事は気配はみじんも無かった。
死ぬ間際に彼女の100分の1でも世界が見えていたらいいな。
真実を語って良いのはこういう人なのかも知れない。

あいやいや、本当超個人的な感じた事書いているだけなので気に留めないで欲しいのだけれど。
coccoなんかこれっぽっちの興味もないわって人にも観に行って欲しいよ。
言うまでもないけど是枝監督にも拍手。

全国11カ所でしか上映されてないって心底理解に苦しむ、というか憤りを覚えるわー。
はんさむすーつとかはっぴーふらいととか貝になりたいやつとかとかとかむにゃむにゃ・・・・・・・・・・

19日まで渋谷のシネマライズでやっていて、どうやら20~28日は21時20分~追加上映が決まったそうな。
ぜひぜひ。頭だけやたらあったまるお部屋でテレビをぽやぽや見るならぜひ。

そして1月23日は「シンクロナイズドラブ」の試写会があるからみんな予定空けといてくれなきゃ嫌よ!

以下追記。思い出めも。

coccoは今思い出すと非常にイタい思春期に良く聞いていた。
あまりにも周囲を嘆きまくり罵り声をあげては息苦しそうに肩で呼吸をする娘を見かねたのか父は取材旅行のついでと佐渡へ連れて行ってくれた。ほぼ強制連行だったけど。
レンタカーで海岸沿いを走りながら「クムイウタ」繰り返しかけていたら、「これ誰の歌なの?」って声を聞いて凄く嬉しくなったのを覚えている。
彼が何かを誉めたい時はほんの少しだけ語尾がはずむ。

そういえばあの旅だ、「好きに撮りなさい」とカメラを一台渡され、シャッターをきることの面白さを漠然と知ったのは。
帰郷してから仕上がったプリントを見た父がその日にレンズを買ってくれた。その影で母親が涙ぐんでた姿がおぼろげに浮かぶ。
彼女が泣く時はいつも見て見ぬフリをしていたなぁ。

あのレンズは今でも大事に愛用している。

酔っぱらってあちこちぶつけまくってるから市販のレンズキャップが上手くはまらないんだけどねん。



肩おとす男
日本海。



comments(0)|trackback(0)|日記|2008-12-18_01:32|page top

文字のない部屋にこもりたい。

工場白とび


自分の言葉が堂々巡りを始める。

あれみたい、小学校のプール授業でみんなと手を繋ぎ、無理矢理作らせれた流れるプール。
だいっきらいだった。
恐怖。
水泳は好きだったけど、あれだけはとにかく恐怖。
今思い返すと赤紫のフィルターがかかった狂った色彩の映像しか脳裏に浮かばない。
やったら騒ぎまくる超音波域スレスレの同級生の嬌声、あらぬ方向から降って来る男の子の骨のあちこち飛び出た体、こちらの息の根を止めるかのごとく盛大に飛んでくる水しぶき。

あはは溺れる溺れる。
肺も脳もじゃっぶじゃぶ。


あれあれー。
こんな日記書きたかったわけじゃないのにな。
なんだなんだ。
今日はビールを買いに行きたくないからビタミン剤ガリガリしてから寝よう。

はぁ。

こんなテンションでろりえ観に行ったら手痛く火傷しそう。
まぁそれも良し。
あのジクジク痛む感じ、嫌いじゃないから。
注射注射あれが一番。採血の方ね。入れるのはだめ、抜くのが良い。

息切れ。
お休みかえるくん。
comments(0)|trackback(0)||2008-12-12_01:09|page top

臍は出口ではない。


夕木1


色んな事がもんやり悲しい。
水槽に放った餌がどの魚にも見向きもされず、ゆっくり静かに底に沈んでいく感じ。

「裏切られたんだよーー!!」って生粋の東京人のクセに、妙な訛りで中年男が叫ぶ。
この「裏切られた」って言葉を安易に使うヤツが好きじゃない。
さも相手に非があるような、その被害者ヅラした感じが嫌いよ。
単に、貴方の目と心にスモッグがかかってただけじゃない。
なーんて。

そんなに高濃度の煙霧になるまで放っておいちゃいかんのだ。
って、そんなの自分一人の力じゃどうにもならないよねー、大抵の場合そうよねー。


ヘラヘラしながら無造作に目の前の霧を取っ払ってくれた彼女は、もう海を渡ってしまったようだしね。
またちゃんと現れてくれるのだろうか。


あぁ。
沈殿物がどんどん溜まって、とうとう腐敗が始まった。
今まさに
腐敗が始まった。
comments(0)|trackback(0)|風景|2008-12-11_02:03|page top

ブログ内検索