FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

BOY A

P7101327_convert_20090712170051.jpg



ツタヤ半額の日だったので以前から気になっていた「BOY A」 を鑑賞。

最初のシーンであぁこれはきっと良き映画だわと思ったけど想像以上。
見終わった後もう一度最初から再生したのは久しぶり。
細部に至るまで本当素晴らしい作品だった。
特に主役のアンドリュー・ガーフィールドの演技には心底ぞっとさせられた。
これは新しい名優が現れたなぁと。

あぁ、いちいち言及するのがバカらしいもう。
この感動をうまく伝えられない自分の安っぽいボキャブラリーを呪うよ。

劇場で見たかった。

http://www.boy-a.jp/home.html
スポンサーサイト



comments(-)|trackback(-)||2009-07-31_02:23|page top

あしながおじさん。

P7260988_convert_20090730004954.jpg


夕暮れ時の高円寺。
ちょっと駄目なやつから本格的に駄目なやつまでまとめて優しくしてくれる町。
あちこちから立ち上る焼き鳥屋の煙が妙に肌に馴染むようになってしまった。
不覚。

日焼けして毛羽だってタバコの焦げ跡の増えていくこの畳から抜け出せるのはいつなのかしら。
なんて白馬の王子様妄想。
10年後、クタクタになったタンクトップ一枚で泣きつかれた子供と一緒に昼寝してる映像がやたらくっきりと脳裏に浮かぶ。
色んな人からおさがりの使用感たっぷりのベビー用品に囲まれてね。

今日は丁寧にお米をといで、美味しい小鉢を沢山作ろう。

comments(-)|trackback(-)||2009-07-30_10:52|page top

やたら喉の灼ける日々

P7121331_convert_20090723002635.jpg

乾涸びたヘチマのようになった体からエネルギーをねじり出そうと、東京都写真美術館に赴く。
タイミング良く世界報道写真展が開催中。毎年なるべく足を運ぶようにしている。
移動中、歯をしっかりと食いしばる準備。
この写真展に行くと、自分の撮っているものなんて本当ゴミだなぁと笑ってしまうよ、ふふん。

同時開催されていた「写真家たちのセンチメンタル・ジャーニー」もひょいと覗く。1970~80年代前半に発表された戦後世代の日本の写真家たちの作品群。
荒木氏の陽子夫人を撮った作品はやっぱり何度見てもあぁ良いなぁと思う。
こういうごくごく個人的な写真の方が好きなんですね。
写真だけに言える事じゃないんだけど。
良く観劇後なんかに「おまえのオナニーなんて見たくねーよ」って罵倒を聞く事があるけど、私は嫌いじゃないです。一概には言えないけど。
にやにやしながらもっとやれーもっとやれと思ってしまう。
というかね、どんなものにも自慰要素はあるだろうとね。
ささ。
早くテーマを確立してガシガシとらねばならんよ。


未だろりえメンバーが夢に出てきてはガチャガチャやってます。
全くみんな可愛いったら。元気にやってるかなぁ。
comments(-)|trackback(-)||2009-07-23_00:45|page top

「ぐるりのこと」

P7150596_convert_20090720162329.jpg

7.20。海の日。
キンキンに冷えた部屋で、ミートソースを真新しいワンピースにぴちょんぴちょん飛ばす。
想定の範囲内。
で。
山の日はいつなの。

橋口亮輔監督「ぐるりのこと」を鑑賞。
数年前に公開された「ハッシュ」にも衝撃を受けたけど、今回もまた秀作!
どんなに毛羽立った心も少し滑らかにしてくれる、そんな作品。

エンジンがかかりそうな気配。
モーターの微かな震えが指先に伝わる。

さぁ、フィルムを詰め替えよう。
comments(-)|trackback(-)||2009-07-20_16:45|page top

祝・一才。

img027.jpg

例年より早い梅雨前線の撤退。
去年は7月19日に梅雨が明けた。
甥っ子の産まれた日だから良く覚えている。

今から冬の到来に怯え。

先週、志賀高原に蛍を撮りに行くというので同行させてもらう。
心身疲弊していたので三脚を担いで川辺に赴くも、撮影は積極的に行わず。
明滅を繰り返す蛍をぽやぽや鑑賞。
日が落ちてからは星との区別がつかなくなる。
ちんちろりん。
どんどん現実味を失って行く空間でひたすら蚊の餌食になっていく自分の体。

夏は何をとってもいちいち儚い。
そのくせ海も空もギラギラしてて。
秋なんかよりよっぽど切ないこの季節。
そろそろ短編映画でも一本撮りたいなぁ。

・・・その前に免許!
免許取得!!いざ!
だっ。
comments(-)|trackback(-)|植物|2009-07-17_09:19|page top

とにかく日曜日。

img020.jpg


HOLGA120。
スキャンしてみたので初掲載。
どれもこれも写り方がガチャガチャ。
可愛く思えてしまうのはもう必然。

中野の歩道橋にて談笑する老婆。

今日はリスタートの日。
這う歩く這う跳ねる這う四肢を伸ばす這う喉をつぶす。

2009.7.12
26歳7月半ばの日曜日。
BGM/丸尾末男の高らかな声。
comments(-)|trackback(-)||2009-07-12_17:01|page top

現実感の欠如した日々

P6101259_convert_20090710001314.jpg

「ひばりの大事な布」にご来場下さった皆々様、まことにありがとうございました。
連日チケット完売。こっちから宣伝メール送りつけといてせっかく「行けるよ」って返信下さったのに、お断りせねばならなかった方々・・・もう本当に申し訳なかったです。
臍をかみかみ。

大楽の回、うまく行かなかった台詞をブツブツとさらう声や、「あそこ噛み合なかったねぇ」「いや明日は大丈夫だから」なーんて会話がポツポツ耳に入ってきてちょっとしんみり。
ろりえでしばらく役者は休業。
辞めません、辞めませんけどね。
節目にこの公演に関われた事を幸せに思う。

衣類を念入りに漂白したせいでしょう、部屋がプールくさい。
寝苦しさで気怠い体。
冷蔵庫に待機している大量のチューペット。
外から聞こえてくるあらゆる種類の虫の鳴き声。

夏休み感が充満しています、中野の我が家。
comments(-)|trackback(-)|日記|2009-07-06_09:34|page top

脳わちゃぁ。

P5221166_convert_20090703012353.jpg

ろりえ、二日目を終える。
わざわざ足を運んで下さった方々にありったけの愛をこめたハグを。

人がやたら温かく感じられる。
あぁなんだろうとっても静か。
耳を内に澄ますと体がヒタリヒタリいっているよ。

一回一回これが最後と思ってやる。
もうそれだけ。
comments(-)|trackback(-)|植物|2009-07-03_01:31|page top

ブログ内検索