FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

ニコンのカメラにチェブラーシカのストラップつけてる奴なんか嫌いだ。

P6274886_convert_20100630214451.jpg


2010世界報道写真展を鑑賞。毎年の事ながら圧巻。
言葉も、ヘタすると思考や感覚までも失ってしまう。
前日に観た「マイケル・ジャクソン キング・オブ・ポップの素顔」を振り返り、やっぱりこの映画は許しちゃいけないわと思った。
金儲けの匂いしかしないスッカスカの作品。よくもまぁ。
こんなにも製作陣から一カケラの愛もセンスも思想も感じない映像を初めてみたよ。
侮辱するにも程がある。

色んな事をリセットしたくなってまたもやたかのライブにお邪魔。
言葉が肉体が想いがそこには存在していて、脾臓がじんと熱くなった。
伝えたい事や強い衝動で体がスパンとはじけ飛びそう。
いいこといいこと。刻み続けていこう。

今夜此処での一と殷盛り
今夜此処での一と殷盛り。
スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)||2010-06-30_23:54|page top

淫らな湿度に感光

P6234816_convert_20100627104949.jpg
たかのライブで角質削られ過ぎた心がわやわやと崩壊し始めた音を聞く。
この子の紡ぐ言葉が好き。
あぁぁ私もどきどきさせたい。
裏切りたくないしズワッと裏切りたいし。
あぁどうしたらよいのかしらこのムワッとする感じ。助けておくれ卵ちゃん。

・カズオ・イシグロの名作「私を離さないで」の映画化を知る。
全米公開は10月、日本はいつになるのかしら。
トミー役がアンドリュー・ガーフィールドなんて素敵。
予告編 →
http://www.youtube.com/watch?v=kymQcM4ej3w

comments(0)|trackback(0)||2010-06-27_11:01|page top

猛々しさを煮込んで

sara.jpg

雨の細くて真っ直ぐな線が胸をするする貫通していきます。
空が明るいのは救いなのか最早判断がつきません。
ぬれた靴底が床をきゅっきゅさせる音にさぶイボたてながら、落ちこぼれの図工を手伝ってやった木曜日の四時間目。
電ノコでハートやら星やらを切り出していると突然とんでもないどうでもよさに愕然、指を切り飛ばす寸前に世界が平衡を取り戻す。
いつだって今一歩勇気が足らない。
着たい服が着たい時分にいつも行方をくらますのはあの頃と変わらないこと。

のばら心中、無事閉幕致しました。
ご来場下さった方々に心の奥底から裏っ側から根こそぎ感謝の念を。
油断すると余韻に浸ってしまう自分を騙し騙し次の稽古場へ。
今度は一変してファンタジーの世界、 大丈夫か、なんかもう色々大丈夫なのか宮嶋。内臓飛び散るよ。
それはそれは色んな想いがまだどっかりと居座っていて心身カタカタしています。
白菊のような役を出来るのはきっと一生のうちにほんの数年で、それを中尾知代という劇作家/演出家とあの座組で出来たというのはもう奇跡というかあぁなんというか。
もっともっとばっきばきに人の心を揺さぶりにいかんと。
自分を騙してでもとにかく驀進あるのみ。

くそう。閉幕後のリセット方法は応用が効かないから困り果てちゃうぜ。
こんな日は考えうる限りの野菜を全部放り込んで真っ赤なスープを作るのだ。

さらみほいあん

開演前の楽屋にて。戦友のさら嬢と私たちの天使、あんちゃん。
comments(0)|trackback(0)|芝居|2010-06-10_19:18|page top

ブログ内検索