FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

また一つ。

P7183317_convert_20110724092247.jpg



7月19日。甥っ子ちゃんは三歳に。
まだ世の中に出て来て三年しかたってないのに色んな事がわかっているようだ、
なんだか畏怖さえ覚えてしまうよ。

スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|りおん|2011-07-24_09:40|page top

お天道様の光をきちんと感じられるという事。

P7122943_convert_20110715105811.jpg

いつの間にか梅雨が空けていたのね、ここ一ヶ月の記憶があまりありません。
友人達と撮影合宿に行き目が覚めた。全く。何の為のバイトで労働よ。
人生一度きりって言葉に甘えるわけじゃないけれど、どうせ死ぬんだ、自分を見失ってる暇なんてないよもう。

自分の感受性くらい
   自分で守れ
     ばかものよ


ささ。楽しいお知らせ。モノクロ+に出演した時生演奏して下さったQooSueという、それはそれは素敵な音楽を奏でるミュージシャンの企画イベントで朗読をさせて頂く事になりました。ちょっと初めての試みなのでどうなるか今からドキドキですが、魅せます。はい。他にもものっそい格好良い方々ばかりなんで間違いなく楽しめると思います。自信を持って来てね!って言えるって素敵だわ。私の出番はトリ前の予定なのですが、それまで酔っ払わないか今から非常に心配。
あまり大きな箱ではないので、いこっかなーなんて思って下さったらご一報下さいますかしらん。
乾杯しましょう夏の夜に。
写真はQooSue双子の弟くん。けんちゃんのベースは凄いよ。みんなぬれちゃうよ。知らないよあたし。 

7月20日(水)
QooSue&anne共同企画イベント
『CalliCarpa』

@下北沢「Colored Jam」

OPEN・START/ 18:45
ENTRANCE /¥2000+1DRINK order
ACCESS  / 下北沢「Colored Jam」
         下北沢南口より徒歩五分。本多劇場のはす向かいです。
     
【出演】
宮嶋みほい(朗読)
the star spangled burner
ALLaNHiLLZ
anne
QooSue
comments(0)|trackback(0)|告知|2011-07-15_11:48|page top

くすんでもきらめき。

P6092741_convert_20110706094138.jpg

7月4日。
敬愛している是枝監督の「奇跡」鑑賞。
久々に心にゆとりの生まれた日だったのでこの日は朝から散歩。とても静かで温室の中にいるような朝。
音楽は聞かず耳をすませて歩く。
近所だがいつも通らない道を散策すると、お稲荷さんが祀られている神社に百均で売っているいなり寿司のパックがお供えしてあるのを発見。しばらく行くとまた神社にいなり寿司。
あらあらと思って歩を進めると、えらく湾曲した背中のじいさまが、大きなビニール袋の中から寿司パックをお供えして丁寧に手を合わせている。
彼の日課なのか、それとも何かの願掛けなのか。
息をひそめるほど静謐な空気がご近所に漂っていたのは、彼の祈りのせいだったのかもしれない。
手は合わせず、写真をぱちり。

この日はそんな小さな幸せがぽろりぽろりと転がっている一日だった。
ずっと探していた久遠の空という隠れ家ホルモン屋さんを見つけたり、去年と同じ場所で同じアゲハチョウに遭遇したり、ああ冷やしラーメン食べたいと思ったらちょうど通りかかった中華料理屋のランチがまさに冷やしラーメンだったり。

映画「奇跡」なかなか面白かったけれど、お話の大筋や子供達の芝居よりそんな日常に転がっている、けれど心がささくれていたら見逃してしまう小さなの煌めきの尊さを(あくまでも優しく)突きつけられて、涙が止まらなくなった。
こういう事を大事にしたくて忘れたくなくて写真を撮っていたんじゃんよ。
何兵隊労働に忙殺されようとしてるんだ。まんまと死んでなんかやるもんか。
comments(0)|trackback(0)||2011-07-06_10:14|page top

ブログ内検索