FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

YOSAKOIソーラン祭り2013!

th_IMG_9937.jpg

ずっと行ってみたかった「よさこい祭り」。
第二子を出産した妹を訪ね北海道に行ってみたならば、ちょうど週末開催されるとのことで、小躍り!
いやぁ、ここまで凄いお祭りだとは思わなかった。
踊り子さんのエネルギーに心から感動してしまい、もうずっと泣きっぱなしでした。
どのチームも本当に素晴らしかったのです。
大人数で小道具を何種類も使い何回も豪華な早着替えがある団体は、見応え満載のエンターテイメントに仕上がっていたし、
(あの衣装の下に数々の小道具をどうやって収納しているのか大変気になる。収納だいすき)
少人数でシンプルな衣装ながらも情熱をこめて、粛々と踊る団体にも、とても心打たれた。
一度音響トラブルなのかな、音楽が止まってしまった時に、東京から来た中高年のグループは、顔色一つ変えず、全員で歌いながら踊っていたのも、あれまた良かったなー。
お客さんも一緒に一生懸命拍手して。
おばさま達、なんにも動揺しないんだもの。
さすがやで!人生の経験値がちゃうんやで!
どの連も、旗を振る係の方がいらっしゃるのだけど、きっと彼らにも色々こだわりあって、みんなが踊りの練習してる時に一人離れて黙々と稽古したのかなーと思うと、また見るのが面白いですのん。
大ファンになってしまった。来年はみっちり予定組んで、ファイナルも有料観覧席取っていこう。
というかいつか絶対出場しよう。
以下写真を数点。

th_IMG_9857.jpg



th_IMG_9891.jpg



th_IMG_9887.jpg



th_IMG_9881.jpg



th_IMG_9945.jpg



th_IMG_9959.jpg



th_IMG_9854.jpg



th_IMG_9925.jpg



th_IMG_9858.jpg



th_IMG_9860.jpg



th_IMG_9862.jpg
スポンサーサイト



Theme:祭り/イベント
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)||2013-06-16_14:33|page top

少し遡って脳内整理。

DSC_0020+のコピー_convert_20130613145530
photo by Wataya Noboru


遅ればせながら。
5月25日のCalliCarpa vol.6にご来場のみなさま、誠にありがとうございました。
この日は本当にとんでもない日になりました。
からふるのアートワークでとても涼しげな、でもあたたかみのある空間がカラジャムに生まれ。
一番手は、世界大会で5位に選ばれたギタリスト、井草聖二さん。
とんでもないテクニックに、一瞬目も耳もぽかんとした後、嘆息と、笑いがこぼれてしまいました、思わず。
その後磯貝一樹くんとの演奏もまーー見事なもんで。
のっけから会場の雰囲気はとても熱を帯びたものに。
そして続く、芳晴さんとピアニストのXymoxさん。
ずっとずっとお二人のパフォーマンスを拝見したかったのですが、いやぁ、もう大ベテランの風格たるや。
またお人柄も凄く凄く温かくて優しいお方なんです。
なんだか、ディズニーランド行った後のような充足感でいっぱいになってしまった。
から、の。
わたくしの語り。

こんな素晴らしいパフォーマンスが続いて、以前なら萎縮してガタガタだったと思うのですが、
もう開き直って会場に充満していたエネルギーをぶわんとたっぷり吸い込みました。
作品にとっては、もっと空っぽの精神状態でやらなければいけなかったはずだけど、
だって、もったいなかったのですもの!!
反省点はとても多くある、もうちょっと場を掌握出来るはずだったし冒険が足りなかった。
私を良く知る人に、「お行儀がよかったねー」と言われて、あぁその通りだな、と。
いやー!
どんな状況でも自分の場に引きずり込む腕力をもっともっと身につけようと決意。
化け物になりたいんだっ。

今回は小池真理子さんの「夏の吐息」という短編を、毎度のように私なりの観点で(勝手に)構成し直し語らせて頂きました。
(愛のある改ざんと呼んでいる)
ギターひろしくんの音はファンタジー色が濃い、でも決して綺麗なだけで終わらない世界観が合う気がしていて、
今までそういう作品を多く選んできたのですが。
なんだか、そろそろ日常に根ざしたものをやってもいい気がする、と、ずっと気になっていたこの作品をチョイス。
この「夏の吐息」、また近々再演する予定です。
もっともっと五感を刺激するようなお話に仕上げてみようと思ってます、しばらく付き合っていく事になりそう、皆々様もどうぞ覗き見して下さいましな。

7月、8月、9月と語りのステージは色々なカタチを変えて、続きます。
どれもとても面白い事になりそうです、そのうち詳細載せますので是非是非!


立ち止まってなんかいられるかや。




写真はwatayanoboruさんに撮影して頂きました。
語りの写真はなかなかないので、とっても嬉しい。
ありがとうございます!

Theme:女性ポートレート
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|芝居|2013-06-15_00:44|page top

ブログ内検索