FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

7日間の酢漬け、鷹の爪入り。

あざみ

台本のない数日間を楽しんでいる。こんなに静かだったっけか。
一時三冊の台本を並行して稽古している時は、騒々しいし覚えられないし言葉地獄で窒息しかけていましたが、ようやく地上に出て深呼吸。
己のスケジュール組みの下手さにはホトホト飽きれる。
「あったし売れっ子だからこんなに台本あっててんてこ舞いほ☆」ってのとは、訳が違う!訳が違う!!
今月の生活費、うまく支払いきれるかビックンビクンよう・・。

遅ればせながら、85000企画【花野/紙風船】ご来場の皆様ありがとうございました。
ゆうどの空間を、お楽しみ頂けましたでしょうか。
あの場所には沢山の神様がいらっしゃるようで、八百万の神とはよくいったもんだ、と思いました。
この風習、「私はこの神しか信じない!」っていう人にも寛大なのですねぇ。
笑いの神様、舞台の神様、台所の神様、トイレの神様、お米の神様。
神様を作るのが大好きだみんな。
自分の信じる「神さま」を大事にしつつ、その場所に在るとされている神様にも敬意を払わなくちゃ、って自然となる考え方(習性?)はよいな、と思う事が度々ある。
モモちゃん、ありがとうでした、お邪魔しました。

そして相手役の小林さんには本当にお世話になりました。
初めてお会いした時からお芝居の方向性ややりたいスタンスなどがぴったりで、あぁ、この方で良かったと。
毎ステージ新しい事をやりたい!という思いも一緒で、どのステージも本当に新鮮に出来た気が致します。
稽古後は必ず飲みに付き合って下さり、為になる話を沢山して頂きました。
この方と楽しくお芝居創れた事は、凄く良き経験と思い出になりました、ありがとうございました。

共演者のみなみなさま、当日運営で甲斐甲斐しく動いてたみなさま、ゆうどさま、数多の神々さま、ありがとうございました、そして企画者のびっきーお疲れさまでした。


この一週間を、整理もかねて、自分のための覚え書き。



9日  ゆうど小屋入り。
    前日のお酒が残っていたのかフワフワしているうちに会場作りは終了。
    明日初日のくせに衣装が揃ってなかったので一足先に抜けてリサイクルショップ巡り。
    完璧とまで行かずとも、理想のカーディガン発見。¥500。
    明け方まで眠れず台詞をとろとろ思い返す。イメトレ。

10日  我々の初日。これほどバタバタとするのも久々、運を天に任す。
    観客の集中力や視線をうまくコントロール出来ず渋い顔をして楽屋へ帰還。
    共演者の小林さんは「いかにも初日らしい初日だった」と飄々としてらした。
    この方のこういうところに救われる。
    観に来た父から、「体が固いからいかにも芝居くさくみえる」とメールが届く。
    全くその通りだぜ!嘘がすぐばれるし、まるでそぐわない場所。作戦変更。 

11日 二日目。
    程よく力が抜け悪くない出来。
    しかし観に来た友人に、「台詞が固くて君らしくない」と駄目出し。
    確かにな!作って来た川上弘美の女の子に、自分をどう注入出来るか吟味。
    ゆうどの良さと、感じていた違和感をようやく受け入れ、肩こりがすっとひく。
    中野でバカみたいに美味い麻婆豆腐を出すお店で英気を養う。バケツいっぱい飲みたい。¥500

12日  我々は休演日、他チームの成功をお祈り。
    15日に親友の結婚式で余興の芝居をやるため、稽古。この日は旦那さん役の拓郎くんと集中レッスン。
    仕事を終えたさたちゃんが駆けつけてくれる。音響一連と始めの挨拶を一任。頼りになるぜ!
    
13日  この日も余興稽古。最終稽古にして初めて全員集合。
     なんとかカタチに。次会うのは本番ね。

14日  三日目。おっと、花野に切り替えねば。
    考えたプランをなるべく試そうと、カラオケへ。しかし。満員。仕方なく路上でブツブツやる。
    本番直前に、小林さんが、「みほいちゃん、あそこ台詞変えていい?」わはは!大歓迎です!
    お互い割と攻めた回でした。
    そして。ラストシーンを考えていた時、落ち葉がひらってなればかっこよいなーと思っていたのですが。
    なんとこの日その現象が起きたのです。お猫さまも現れ。
    どのチームも、環境に愛される奇跡の回があったようですが、我々はこの日だったのかな。
    不確定要素の多い場所はこういうところが楽しいですね。
    
15日  いよいよ親友の結婚式。これはまた別ブログで書こう。余興の芝居はなんとか成功。

16日  四日目。あーーれーー。台風。直撃か?!
    朝方に我が家のアンテナが暴風雨でバッキリ折れ、地上に落下。誰も怪我なくて本当に良かった。
    ガラスの仮面、「狼ジェーン」で台風直撃のシーンを思い出す。
    速水真澄の、「わたしは開演時間を間違えましたか?」ってあれね!
    そうさお客様が一人でも幕はあくのだ!暴風で前に進めない中、なんとか目白に辿り着く。
    最悪小林さんが開演時間に間に合わなくても一人でやるぞ!こんにゃろ!
    と意気込んでたのですが、みなさん無事到着。ほっ。
    雨の日用に稽古した演出を思い出しながらイメトレ、今まで積み上げて来た三日間は、何も役に立たないので    は?!むしろ全部忘れなきゃだ?とややザワザワしつつ、いざ本番。
    とにかく、無事に幕があいて良かったです。お客様も暴風雨の中沢山駆けつけて下さる。なんとも有り難い。
    うまく環境を使いこなせなかった自分にこっそり地団駄・・。
    ひと組ずつ千秋楽を終えて行く。
    みんなよいお顔をしてらした。
    打ち上げでとにかく飲む。めちゃくちゃになりつつとにかく飲む。みなさんごめんなさい。
    17日。マックで仮眠を取り、ゆっくりゆっくり帰宅。
    
    ただいま。
 
スポンサーサイト



comments(0)|trackback(0)|芝居|2013-09-22_13:12|page top

背中から 声を かけられた

IMG_9280_convert_20130902091552.jpg

ぬんめりと季節が秋へと移動を始めていますね。
みなさま、心身ともに夏の疲れが出始めている頃かと思います。
きちんとリフレッシュせねばです。
8月25日に行われましたアカリノートくん企画「小さな小さな舟灯り」の後記はまた改めて書かせて頂きます。
真珠のネックレスをぶちまけたような夜でござんした。
これ以上素敵な夜なんてあるのか?!としばらく幸せと絶望と頭痛(前日、突発的に断食を決行し、これまた突然立て続けにビールを流し込んだゆえ)の狭間をたゆたっておりましたが。
そんな奇跡をゴリゴリ更新し続けなければいけませぬ。

さて、次はこちら。
来週9月10日火曜日から9月16日月曜日まで、川上弘美氏の「花野」という作品を、どベテラン俳優・小林尚臣さんと演じます。
この方を是非見て頂きたい!
そして会場がまた大変素晴らしい。
「ゆうど」という目白にあるもの凄く雰囲気のある古民家なのですが、この場所に来て、感嘆の声をあげない人はいないんじゃないかしら。

この日は二本立てで、後半には岸田國士の「紙風船」、を上演致します。
この作品が、まーぁゆうどにピッタリあっていて、自分が今どの時代にいるのか一瞬忘れてしまいそうになります。
この感覚、是非味わって頂きたい。

今回八組のペアが、日替わりで作品を演じます。
私は下記の★のついている日時のみに出演致します、ご検討頂ければ幸いでございます。

八五〇〇〇企画【花野】【紙風船】
2103年9月10(火)日〜9月16日(月)


《企画・演出》地曵宏之

《演奏》那須寛史(QooSue)

《出演》
「花野」作:川上弘美

小林尚臣(㈱仕事)×宮嶋みほい
藤原堅一(テアトル•エコー)×廣島梨乃
殿下信平×楠見藍子(マウスプロモーション)
出村貴(Jac in production/演劇部隊チャッターギャング)×石川真結(prismore)

「紙風船」作:岸田國士

地曵宏之×渡辺祐未
本山三火×鈴木香里(P Prep)
戸草内淳基×仲田沙良
中山数基×大崎優花(㈱フラッシュアップ)

《タイムテーブル》
わたくしめの出る回は★のついた日時でございます。組み合わせなどは下のチラシを参照して下さいませ。

10日(火) ★15:30~
11日(水) ★15:30~
12日(木) 15:30~
13日(金) 13:00~/15:00~/17:00~
14日(土) 13:00~/15:00~/★17:00~
15日(日) 13:00~/15:00~/17:00~
16日(月) ★13:00~/15:00~/17:00~


※開場は開演の30分前です。
※上演時間は60分強を予定しております。
※15時半と17時の公演終了後は、那須寛史(QooSue)と日替わりゲストによる投げ銭ライブを毎日開催いたします。
日替わりゲストの詳細は、追って公開いたします。

《観劇料》
前売・当日 2500円
ぺあ割 4000円/りぴーたー割 1000円


※ぺあ割は、男女ペアでご予約のお客様のみの対応とさせていただきます。
※りぴーたー割は、チケットの半券をお持ち頂くか、事前に複数回ご予約を方に適応させて頂きます。

《ご予約》
宮嶋扱いになります。
http://ticket.corich.jp/apply/47824/015/

《会場》
ゆうど
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-20-21
(JR山手線目白駅 徒歩5分)
http://www.jade.dti.ne.jp/yu-do/regular/map.html

《スタッフ》
企画・演出:地曵宏之 演奏:那須寛史(QooSue)
チラシ制作:吉岡歩(からふる) チラシ撮影:宮嶋みほい
挿花:佐渡那津季 制作:地曵宏之 協力:中村達郎

《お願い》
・お車や自転車を停める場所はございませんので、公共の交通機関でお越し下さいませ。
・敷地内に喫煙所はございません。喫煙される方は、あらかじめお済ませ頂けますようお願いいたします。



IMG_6843.jpg

ね。素敵な場所っぽいでしょ、ゆうど。
IMG_6630.jpg

Theme:何気ない日常の写真
Genre:写真

comments(0)|trackback(0)|告知|2013-09-02_10:09|page top

ブログ内検索