FC2ブログ

けむりの透き間

宮嶋みほい・気分転換にまみれた日々の独り言。

プロフィール

宮嶋みほい

Author:宮嶋みほい
日本大学芸術学部映画学科演技コース卒。
在学中から舞台や映画、グルメ番組等に出演。
大学4年次に劇団バームクーヘンに所属、解散以降は俳優活動の他、写真表現も精力的に行う。
ビールと一人旅をこよなく愛す、小2から成長していないメス。

【活動情報】
舞台

2015年7月7日 (火)
★大統領師匠コントLIVE★
サラヴァ東京火曜八時劇場
『コクーンの裏から~'15 七夕~』
作・演出 中田真弘
日時◇2015年7月7日 (火)
19:00 open 20:00 start

場所◇サラヴァ東京
(東京都渋谷区松濤1丁目29-1 クロスロードビル B1)

チケット◇
前売2,500円(1ドリンク付き) 
当日3,000円(1ドリンク付き)

✨詳細✨
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20150707.php


■声の出演■
同人サークル『→恋(こっちこい)』コミックマーケット80参加作品
“見えなくたってオンナノコ!”
ジャンル:冊子付きオリジナルドラマCD
価格:600円
http://ameblo.jp/cocchi-koi

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

まう。

IMG_9586_convert_20101227113824.jpg

急遽参加が決まったワークショップ、最終日に試演会が決定。
今まで整理の仕方もわからなかった頭の中がするするクリアーになる非常に心地のよい、しかし背筋のひゅっと凍る様なWSを体験している。時間が濃密過ぎて自分の言語感覚諸々が後ろ向きに駆けずりまくるから本当に己をはり倒したくなるよ。
せめて文章にして書き留めておく事は怠らないようにしよう。
取り急ぎ、詳細を載っけさせて頂きます。1月6日です。年始早々すいません。おそらく私はソヴァージュばあさんという短編に出る事になるでしょう。ぜひにぜひに。

49時間ワークショップ試演会『演劇/空間の立ち上がる瞬間』
作・演出・ホスト:谷賢一(DULL-COLORED POP)

年末年始、49時間もの時間を費やして行われた演技・演劇ワークショップの総まとめとして企画された試演会です。講師:谷賢一(DULL-COLOREDPOP主宰/青年団演出部)の演出により、2本の短編を劇場にて上演します。
アップ、本番、ダメ出し、返し稽古、エチュード、各種エクササイズやシアターゲームを一日で一挙公開。演劇はどうやって作るのか。内幕を覗いてみませんか?

■タイムスケジュール
1月6日(木)の一日のみ。
1/14:00~15:30 公演1『エチュード』『ソヴァージュばあさん』『相撲を取れば電気屋が儲かる』

2/16:00~18:00 公演2『公開ダメ出し/返し稽古』『公開ワークショップ』

3/19:00~20:30 公演3『エチュード』『ソヴァージュばあさん』『相撲を取れば電気屋が儲かる』

※開場は開演の20分前。なお、公演1、3では開場時間中にアップを公開しています。
※試演会ですが内容は割と本気です。

■会場
中野スタジオあくとれ(JR中野駅より徒歩6分)
東京都中野区中野2-11-2 サン中野マンション B1

■料金
各回500円

■演目紹介
『ソヴァージュばあさん』…2008年に初演。観客投票の人気を受けて以後2度に渡り再演された名短編。フランスの短編作家ギ・ド・モーパッサンの同名作品をモチーフに書き下ろされた戦争悲劇。30分。

『相撲を取れば電気屋が儲かる』…2010年度青年団新人創作発表に出品。相撲、かまぼこ、都市の過疎化という一見脈絡のないテーマを繋ぎ合わせた現代口語演劇による悲喜劇。アトリエ春風舎を爆笑の渦に陥れ、創作発表1位受賞。外部への公開は初となる。30分。

『エチュード』…谷賢一流、「ハードルの高くないエチュードのやり方」を紹介。20分程度。
※エチュードとは:簡単に言えば「即興演技」のこと。アドリブで場面や状況を設定し、その場その場の瞬発力だけで台詞や行動をやりとりします。

『公開ダメ出し/返し稽古』…マチネ公演のダメ出しと、それに付随する返し稽古を公開します。60分程度。

『公開ワークショップ』…ワークショップのメニューを一部紹介致します。60分程度。

■講師プロフィール:谷賢一
作家・演出家・翻訳家。DULL-COLOREDPOP主宰。青年団演出部。アトリエ春風舎芸術監督。日英の大学にて演劇学を修め、劇団を旗揚げ。以後、数十本の脚本・演出を担当し、脚本提供や外部演出、翻訳などでも活躍中。
俳優指導者としては、スタニスラフスキー、サンフォード・マイズナー、リー・ストラスバーグなどの研究・実践を通して「身体から感情へ」という方法論を実践。また、禅や心理学の発想を取り入れ、知的かつ行動的な演技指導を行っている他、最近は平田オリザの現代口語演劇理論を学び、現代人の心身に沿った演技論を模索し続けている。
2011年にはすでに3本の脚本提供・外部演出を予定している他、シアタートラムにて海外戯曲の翻訳・演出を担当。夏には休止中の劇団DULL-COLOREDPOPを再開し、独自訳・新演出による『マクベス』を上演予定。また、秋からはENBUゼミ専任講座講師として演技クラスを担当予定。
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|告知|2010-12-31_02:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。